2019年2月23日(土)

信用取引に戻り売り 個人、塩漬け銘柄手放す

2019/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

株式市場で信用取引の買い手による株価の戻りを待った売りが広がっている。16日はソニーや信越化学工業など信用倍率が高い銘柄が、日経平均株価よりも大きく下げた。15日に日経平均株価が節目の2万0500円を上回ったことで、信用買いを入れた個人投資家などが利益を確定したり、損失を限定したりする動きが活発だ。

16日は信用倍率が10倍を超える日清紡ホールディングスが1.6%安、クレディセゾンが2.4%安、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報