/

この記事は会員限定です

2019私の注文 経済安保の司令塔を

多摩大大学院教授 国分俊史氏

[有料会員限定]

米国と中国のハイテク覇権争いに対応した安全保障戦略を練る司令塔を首相官邸に新設すべきだ。米国の国家経済会議(NEC)のように、安全保障のために経済をどう活用するかを構想する国家組織「日本版NEC」だ。現在の国家安全保障会議(NSC)や未来投資会議だけでは「米中冷戦」の展開を先読みし、企業の損失を最小にする戦略が描けないからだ。

中国は経済的な手段で他国の安全保障を揺さぶる「エコノミック・ステートク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン