2019年2月18日(月)

「トークン不動産」NYに ブロックチェーン使い権利証 融資頼らず広く資金調達

2019/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国で仮想通貨などの基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)を使った不動産投資が登場している。物件を裏付けとしたトークン(デジタル権利証)を投資家が受け取り、賃料収入や売却益を得る仕組みだ。投資家が簡単な手続きで購入できるメリットがあるが、トークンの売買の流動性など課題も多い。

ニューヨーク・マンハッタン。人気のイーストビレッジ地区に各戸約158平方メートル、全12戸の高級コンドミニアムがま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報