2019年2月20日(水)

工作機械受注18.3%減 12月、外需落ち込む

2019/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が15日発表した2018年12月の工作機械受注総額(速報値)は前年同月比18.3%減の1355億5100万円だった。受注総額が前年を下回るのは3カ月連続で、落ち込み幅は最大だった。内需も23カ月ぶりに減少した。米中摩擦を背景に顧客の投資様子見が続いており、今後もマイナスが続きそうだ。

外需額は23.6%減の783億7600万円だった。減少は3カ月連続。速報値…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報