/

この記事は会員限定です

建機操作オフィスから 人手不足に対応

コマツ・コベルコ建機、5Gで映像・操作に臨場感

[有料会員限定]

建設現場の人手不足解消に向け、建機各社が高速大容量の次世代通信規格「5G」の活用を急いでいる。操作の遅延が少なく高精細な画像を得られる5Gの特長を生かし、遠方のオフィスなどから建機を操作できるようにする。2025年度には130万人もの建設技能者が不足するとされる。コマツやコベルコ建機は20年以降の5Gの導入に合わせ、対応を急ぐ。

遠隔操作はカメラで撮った現場の映像を5G回線を経由してリアルタイムで離れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン