/

この記事は会員限定です

電子部品、医療に照準

京セラ、米の人工関節買収 スマホ・車に次ぐ柱に

[有料会員限定]

京セラは人工関節の米スタートアップ企業を100億円で買収し、最大市場の米国市場に参入する。村田製作所TDKなども医療用センサーの開発を進める。各社が主力とするスマートフォン(スマホ)市場は不透明感が増す一方、小型・高機能化が進む医療機器は安定成長が見込める。「脱スマホ依存」に向け自動車分野に続き、医療分野を新たな柱に育てる動きが広がってきた。

京セラは米レノヴィス・サージカルテクノロジーズの製品や技術、販路などの大半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン