/

この記事は会員限定です

医薬副作用の情報一元化

国立病院、AIで照会に迅速回答 データベース構築へ

[有料会員限定]

国立がん研究センター(東京・中央)などが運営する国立病院が医薬品の使用法や副作用などをまとめたデータベース(DB)の一元化に乗り出す。登録されたデータを人工知能(AI)が分析し、現場の医師らからの問い合わせに迅速に答えられるようにする。がんや感染症などで最先端の医療に取り組む国立の施設間での情報共有を進め、医療の質を底上げする狙いだ。

DBはまず国立がん研究センター中央病院(同)、同センター東病院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン