/

この記事は会員限定です

新車市場縮小で選択・集中 次世代車の開発急ぐ

中国、昨年28年ぶり減 米国はマイナス予測

[有料会員限定]

世界の自動車市場が転機を迎えた。最大市場の中国と2位の米国で新車販売が急減速している。カーシェアリングの台頭などで日米欧市場は今後、縮小に転じる見通し。自動車メーカー各社は電気自動車(EV)や自動運転など次世代車の開発を急ぐが、全てを1社単独でこなすのは難しい。選択と集中で得意分野を伸ばし、他社と相互補完する提携戦略が本格化する。

2018年の中国の新車販売は前年比2.8%減の約2808万台と、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン