2019年6月25日(火)

日銀が直面するジレンマ

2019/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

株価下落によってバランスシートが最も傷つく日本の銀行は、日銀だ。日銀が保有する上場投資信託(ETF)は昨年末時点の簿価で23.5兆円。自己資本が8.4兆円だから、極めて高いリスク量である。株価下落に伴って保有ETFの価値が大きく下がると、日銀は減損処理を強いられる。時価が簿価を平均で4割弱下回ると、日銀は債務超過に陥ってしまう。

民間銀行とは異なり、それでも中央銀行である日銀が破綻することはない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報