/

この記事は会員限定です

英語民間試験の導入 粗い制度設計「被害」なくせ

東京大学高大接続研究開発センター長 南風原朝和 高い検定料も配点少なく 事業者も負担増

[有料会員限定]

今週末に行われる大学入試センター試験は、2020年度から「大学入学共通テスト」に切り替わるが、東京大学の南風原朝和・高大接続研究開発センター長は、共通テストは英語民間試験の受験コストなどバランスが悪い制度だと指摘する。

大学入学共通テストの枠組みで使用する英語の資格・検定試験(以下、英語民間試験)の最初の実施は、予定通りに進めば、早くも来年である。国立大学協会は、英語民間試験の結果を入学者選抜にど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン