登山家の限界 見極める
国際山岳医 大城和恵さん 三浦さんと南米最高峰へ

2019/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

エベレスト世界最高齢登頂者で冒険家の三浦雄一郎さん(86)は「不摂生な高齢者」の顔も持つ。持病の高血圧、不整脈に加え、食べ過ぎて体重90キロを超すのに、楽観的で薬を飲もうとしない。

そんな病院嫌いが「先生が言うなら」と信頼を置くのが、国際山岳医の大城和恵さん(51)。2人を含む登山隊は今、アルゼンチンで標高6959メートルの南米最高峰アコンカグア登頂に挑んでいる。

血圧を下げるため、南米では塩分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]