/

この記事は会員限定です

竹内次期社長「治療機器、主力事業に」

オリンパス、医療部門を集約

[有料会員限定]

4月に社長に昇格するオリンパスの竹内康雄副社長兼最高財務責任者(CFO)は11日夜、インタビューに応じ「外科手術に使う電気メスなどの治療機器事業は(現在主力の)内視鏡と同規模に成長し得る」と語った。世界シェア7割超を握る内視鏡から独立させて事業を迅速に進め、存在感を高める考えだ。主なやり取りは以下の通り。(総合1面参照

――新体制の目標は。

「3つある。収益を伸ばすこと、医療事業で新ビジネスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン