2019年2月21日(木)

ゴーン元会長 会社私物化か、無実か
追起訴、公判で全面対決へ

2019/1/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京地検特捜部は、有価証券報告書の報酬過少記載事件に続き、会社法違反の特別背任事件でも日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(64)を起訴した。「会社の私物化」を浮き彫りにする起訴内容に対し、ゴーン元会長はあくまでも「無実」を主張。国際的な注目が集まるなか、事件の公判は全面対決の構図となる見通しだ。(1面参照

◆損害はあったか

特別背任罪の起訴内容の一つは、私的な通貨取引のスワップ契約で生じた約18…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

非開示報酬、10億円[有料会員限定]

2019/1/12付

「有罪得られる」次席検事が説明[有料会員限定]

2019/1/12付

ケリー被告退院、都内の住居へ[有料会員限定]

2019/1/12付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報