/

この記事は会員限定です

秋田・大仙のバイオマス発電所、営業運転2月から

[有料会員限定]

廃棄物処理大手のタケエイの子会社、大仙バイオマスエナジー(秋田県大仙市)は11日、大型のバイオマス発電所=写真=の竣工式を開いた。門脇木材(同県仙北市)の製材工場が隣接しており、同社子会社が間伐材や端材から作った木質チップを燃料に充て、2月から営業運転を始める。

敷地面積は1万3千平方メートルで総投資額は約36億円。出力は7050キロワット。1万5千世帯分の年間消費量に相当する電力を発電す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン