2019年1月19日(土)

パナソニック 松下正幸副会長 中国「知財認識は改善」 改革開放40年国有企業優遇強まる

2019/1/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国が経済の改革開放路線を打ち出してから、2018年で40年が経過した。その節目に中国と米国が貿易戦争に突入した。パナソニック(当時の松下電器産業)は中国側の要請で、いち早く進出した外資系企業として知られる。中国の経済発展に貢献した創業者の松下幸之助を祖父に持つ松下正幸副会長(73)に、今の中国はどう映るのか。見通しなどを聞いた。

――米中貿易戦争では米国が中国の知的財産侵害を問題視しています。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報