/

この記事は会員限定です

業種別分析(2)フィンテック、若年層に照準

freee、企業の入出金管理/フィナテキスト、SNSで情報収集

[有料会員限定]

金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックでスタートアップが注目を集めている。日本経済新聞社が集計した「NEXTユニコーン調査」で推計企業価値が判明した12社の合計額は2485億円と業種別で3位だった。既存の金融機関がカバーしきれなかった中小企業や若年層の需要を取り込み成長している。

業種別の企業価値の合計額でフィンテックは「eコマース・ネットサービス」(27社、3732億円)、「人工知能(AI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン