2019年6月18日(火)

EV電池、冷却器不要 東芝、装置2割小型に

2019/1/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝は高温に耐えられる電気自動車(EV)向けのリチウムイオン電池を開発した。電池の劣化を防ぐ冷却器が不要になる。EVに搭載する電池関連の装置が2割ほど小さくなり、コストが抑えられる。2年以内の実用化を目指す。

リチウムイオン電池は充放電で熱が発生する。EVでは熱で劣化するのを防ぐため、冷却器でセ氏45度以下で動作させている。電極材料をくっつけるバインダーと呼ぶ主要部材が膨張し、電池の出力が下がっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報