2019年2月18日(月)

介護保険と要介護認定

2019/1/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

介護保険は、介護が必要になった人を社会全体で支える仕組みだ。基本的に市町村ごとに運営されている。財源は40歳以上の人が納める保険料と、税金、利用時の自己負担からなる。

介護保険を使うには、まず市町村の窓口に申請して「要介護認定」を受ける。認定には、要支援1、2と要介護1~5の計7段階がある。どの段階かによって使えるサービスの総額などは異なってくる。例え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

介護の担い手 家族から社会全体に[有料会員限定]

2019/1/12付

限界だった家族介護 保険制度で風景一変[有料会員限定]

2019/1/12付

認知症[有料会員限定]

2019/1/12付

介護人材の不足[有料会員限定]

2019/1/12付

介護離職[有料会員限定]

2019/1/12付

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報