2019年4月20日(土)

多発性骨髄腫 増殖抑える
「血液のがん」に新薬続々 組み合わせ投与 長く付き合う病気に

2019/1/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

血液のがんである多発性骨髄腫に対する新たな治療薬が近年、次々と登場している。効き目が高い薬も複数あり、組み合わせて患者に投与し、ダメなら次を試す治療が可能になった。従来平均3年といわれた患者の生存期間も10年程度を期待できるまでに治療成績が向上している。いまだ根治は難しいものの、長く付き合う病気になっている。

大阪府内に住む50代男性Aさんは2015年、背中から右脇腹に痛みを感じ病院を訪れた。医…

最先端免疫療法[有料会員限定]

2019/1/14付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報