2019年1月21日(月)

鹿島工場で増産投資 昭和産業、粉末水あめなど強化

2019/1/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

昭和産業は主力の鹿島工場(茨城県神栖市)の生産能力を増やす。約10億円をかけて菓子やアイス、医療介護食などに使う粉末水あめの生産設備を更新・増設するほか、約35億円を投じて大豆や菜種を絞って製油する設備も更新。昭和産業の基盤となる製品の生産体制を強化し、高齢化社会に対応できる商品群の拡充を図る。

粉末水あめ工程では水あめを乾燥させて粉末状にする大型設備「スプレードライヤー」を更新・増設する。すで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報