/

この記事は会員限定です

自治体 10年で半減

[有料会員限定]

1999年には全国で3232あった市町村の数が2010年には1727に――。行政の効率化などを目指して、国の主導で進められた「平成の大合併」。合併で必要となる公共施設などの整備にあてる費用の返済額の7割を国が負担する「合併特例債」などの優遇措置が盛り込まれたため、北陸3県でも多くの自治体がその形を変えることになった。

合併のピークとなったのは05~06年。平成が終わる時には合併から10年以上が経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン