養鶏再開 畜産復興へ光
福島・葛尾村で7年7カ月ぶり

2019/1/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴い中止されていた福島県葛尾村での養鶏が2018年秋、7年7カ月ぶりに再開した。稼働したのは同県伊達市の伊達物産が整備した養鶏場、かつらお農場だ。原発事故の被災地では畜産業の再開は進んでおらず、地域の畜産業の復興につながってほしいと住民らの期待は強まっている。

同県の浜通り地方に位置する葛尾村。16年6月に一部地域を除いて避難指示が解除されたが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]