/

この記事は会員限定です

財務省、来年度予算案の修正検討

勤労統計調査ミスで

[有料会員限定]

財務省は賃金や労働時間を示す毎月勤労統計の調査手法が誤っていた問題を受け、昨年12月21日に閣議決定した2019年度予算案を修正する検討に入った。国が一部を負担する雇用保険などを算定する根拠になるため、実際に必要な給付額と異なっている可能性が高いからだ。修正する場合は改めて閣議決定する必要があり、異例の事態となる。

関連記事総合面に

菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で「厚生労働省が調査し公表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン