/

この記事は会員限定です

「空飛ぶトラック」公開

CESで ヤマト、25年めど導入

[有料会員限定]

【ラスベガス=押切智義】ヤマトホールディングスは米ヘリコプター製造大手のベル・ヘリコプターと共同開発する無人輸送機=写真は目良友樹撮影=を2025年までに配送サービスで導入する考えを示した。大型機の場合、最大積載量は約450キロとなり、「空飛ぶトラック」として活用していく。無人でかつ輸送スピードも速いという特徴を生かし、物流効率化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン