2019年1月22日(火)

グローバルウオッチ脱プラ 世界で新素材競争

2019/1/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

使い捨てプラスチックによる海洋汚染が深刻になる中、脱プラスチックの動きが進んでいる。規制の導入などで大手消費財企業や飲食チェーンはプラスチック包装や食器の利用をやめ、代替品や環境に優しい素材に置き換えることを表明。急拡大する需要に対し、新素材の開発競争が本格化してきた。

「汚れた水を見て、イノベーションで解決したいと思った」。インドネシアのスタートアップ、Evoware(エボウエア)のデービッド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

海洋プラスチック汚染とは[有料会員限定]

2019/1/9付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報