平和メディク、紙製ストロー量産 1日6万本

2019/1/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

綿棒や衛生材料の製造を手がける平和メディク(岐阜県高山市)は紙でできたストローの量産に乗り出した。環境汚染を防ぐため、飲食業界などでストローをプラスチック製から紙製に変更する動きが広がっている。国産品の量産で新たな需要を開拓する。

紙製ストローは国産原料を使って生産し、直径6ミリ、長さ21センチと一般的なストローと同じ大きさ。高山市内の工場で、1日6万本の生産に乗り出した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]