/

この記事は会員限定です

省エネ住宅の供給促進

国交省、対象事業者を拡大 市場の5割目標に

[有料会員限定]

国土交通省は省エネルギー性能の高い住宅供給を加速する。注文住宅や賃貸アパートの性能も高めるように建築業者に促していく。増加傾向にある家庭のエネルギー消費量を抑制する狙い。現在は大手の分譲戸建て事業者だけに高い省エネ目標を満たすよう促しているが、対象業者を広げて小規模住宅市場の5割ほどを省エネ住宅としていくことを目指す。

日本の住宅市場で、延べ床面積300平方メートル未満の小規模住宅は新築住宅の9割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン