サムスン2年ぶり減益 10~12月 DRAM価格下落で

2019/1/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が8日発表した2018年10~12月期連結決算の速報値は、営業利益が10兆8千億ウォン(約1兆500億円)と前年同期比29%減少した。同社の四半期ベースの営業利益が前年同期を下回るのは、16年7~9月期以来、約2年ぶり。稼ぎ頭で、サーバーなどのデータを一時保存するDRAMの価格が下落に転じたことが響いた。

売上高は11%減の59兆ウォンだった。18年10~12…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]