/

この記事は会員限定です

インフラ、ドローンで点検しやすく

国交省、目視要件を緩和

[有料会員限定]

国土交通省は5年に1度義務付けられているインフラの法定点検の目視要件を緩める。作業員が現場でチェックする目視を基本としているが、同等の性能をもつ技術で代替できることを明確化して、代替基準などのルールを整える。ドローンなど新技術の普及を促すとともに、点検の質を確保しながら合理化を進めて負担軽減につなげる。2019年度から適用する。

橋やトンネルを管理する国や自治体の法定点検を巡っては、国交省の要領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン