/

この記事は会員限定です

法廷通訳講座、4月に開講 都内2大学

3言語で計20人育成

[有料会員限定]

刑事裁判で外国人被告の通訳を担う「法廷通訳人」の質を高めようと、東京都内の2大学が連携し、今年4月に養成専門の講座を開講する。法廷通訳に特化した大学の講座は全国初。担当者は「受講生が修了後すぐに活躍できるプログラムを目指したい」と話している。

外国語教育に定評のある東京外国語大(府中市)と法曹人材の育成に力を入れる青山学院大(渋谷区)がそれぞれの強みを生かし、特に需要が高いとされるスペイン語、ポル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン