/

この記事は会員限定です

競争政策、国際協調カギ データ独占に対応

公取委・杉本委員長に聞く

[有料会員限定]

経済のデジタル化によって競争政策が変革を迫られている。グーグルやフェイスブックといったプラットフォームビジネスの台頭で無料で国境を軽々と越える「データ」が競争を左右する時代になってきたためだ。モノの価格動向や地理的な範囲に着目して独占を防いできた競争当局は変化にどう向き合うのか。公正取引委員会の杉本和行委員長に聞いた。

――プラットフォームビジネスのあり方が問われています。

「経済のデジタル化その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン