ドローンで森林資源守る 精密林業計測社長 竹中悠輝氏

2019/1/5付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

信州大学の研究成果を実用化する企業として精密林業計測(南箕輪村)を2017年に設立した。森林資源を空から計測して解析するサービスを提供する。

そのツールとして2種類のドローンを使っている。一つは普及型で空中から写真を撮影して解析する。画像の解析から樹木を1本ずつ抽出することができる。

長野県内だけでなく静岡、山梨、岩手、福井県などでも森林を計測した。この手法で計測した森林調査データを見たことがあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]