新薬の心臓への副作用 iPSで把握 東大など

2019/1/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学の染谷隆夫教授らはiPS細胞を使って、薬が心臓に与える副作用を見極める技術を開発した。心筋のシートを作って網目状の電極を貼り付け、投薬した際の電気信号を測れば、不整脈などの副作用がわかる。新薬開発で副作用を調べる手間を減らせるとみており、3年後の実用化を目指す。英科学誌ネイチャー・ナノテクノロジー電子版に1日発表した。

東京女子医科大学や理化学研究所と協力した。新薬の開発では、動物実験で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]