FX取引が3年連続減へ 今年、仮想通貨へ流れる

2018/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外国為替証拠金(FX)取引が低調な状況を続けている。金融先物取引業協会(東京・千代田)によると、1月から11月末までの取引金額は3711兆円と前年同期比で9%減。円相場が小幅な値動きにとどまったためで、3年連続で前年割れとなる可能性が高い。価格変動の大きい仮想通貨に取引が流れ、ビットコイン相場が大幅下落してからもFX取引は回復していない。

FX取引は証拠金を取引業者に預けて外貨を売買する。少ない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]