/

この記事は会員限定です

眼鏡型端末でうつリスク把握

東京海上日動とジンズ まばたき回数など分析

[有料会員限定]

東京海上日動火災保険と眼鏡販売大手のジンズは眼鏡型端末から集めたデータを活用した健康支援サービスを企業向けに2019年から始める。眼鏡型端末で計測するまばたきの回数などを分析し心の健康状態を把握。うつ病など精神疾患のリスクの高い従業員に改善を促す。健康を重視した経営をする企業が加入する保険の保険料割引なども検討する。

東京海上の社員を対象に19年2月から実証実験に取り組む。眼鏡専門店「JINS」を運営するジンズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン