/

この記事は会員限定です

日経平均7年ぶり下落

大納会、終値2万14円

[有料会員限定]

2018年最後の取引となった28日の東京株式市場で日経平均株価は前日比62円85銭(0.31%)安の2万0014円77銭となった。17年末比で2750円(12%)低い水準。年間の下落は7年ぶりで、12年の安倍晋三政権発足以来6年間続いた上昇記録は途絶えた。

関連記事総合2投資情報面に

株価は10月には27年ぶりの水準を回復した後、急失速した。米中貿易戦争などで世界経済の先行きに懸念が高まる中、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン