ディスラプションその先に(3) アマゾン 死角はあるか 追い込まれる実店舗 ネット通販で育つ新興勢

2019/1/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

小売業でディスラプション(創造的破壊)の主役になっているのは米アマゾン・ドット・コムだ。流通分野の圧倒的なプラットフォーマーとなったアマゾンに挑むような勢力が現れるかが焦点になってくる。

英国で2019年にも巨大流通グループが誕生する。同国スーパー2位のセインズベリーと同3位で米ウォルマート傘下のアズダが18年春、経営統合で合意したためだ。ウォルマートがアズダを売却し、ネット事業に軸足を移す戦略…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]