/

この記事は会員限定です

ディスラプションその先に(1) ユニコーン増殖続くか

世界300社100兆円規模 マネー変調、選別圧力も

[有料会員限定]

新勢力が既存のビジネスの枠組みを壊す「ディスラプション(創造的破壊)」が進み、産業の勢力図が激変している。めまぐるしい技術革新の中で、俊敏に対応するスタートアップ企業が存在感を増す。小売業や自動車産業の変革はIT(情報技術)・ネット企業が主導する。2019年、ディスラプションの先には何が起こるのか。

「世界のビジネスモデルをコピーするのではなく、中国が自前で開発して世界に展開する時代になった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン