中国シノペック、原油取引で損失1600億円も 幹部2人停職

2018/12/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】中国国有石油大手、中国石油化工集団の上場子会社、中国石油化工(シノペック)は貿易子会社の原油オプション取引で損失が発生したと発表した。損失額は調査中だが、100億元(約1600億円)との見方が多い。貿易子会社の経営トップ2人が停職処分となり、シノペックの28日の株価は約5%も下落した。

27日の発表によると、全額出資子会社、中国国際石油化工聯合(聯合石化)の原油取引が価格下落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]