社会の一員として支援 基本法や医療整備を 明治大学国際日本学部教授 山脇啓造氏

2019/1/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■プロの読み

技能実習生や留学生はすでに労働者として国内の様々な職場で働いている。(実習生の失踪など)様々な問題が起きており、正面から労働者として受け入れるのは一歩前進だ。ただ、受け入れには出入国管理政策に加え、日本社会の一員として支援していく社会統合政策も必要だ。いわば車の両輪だが、今は前者に偏りすぎている。

外国人が日本で暮らしていく上で国や地方自治体、市民団体が一体となって共生を進めていくた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]