/

この記事は会員限定です

社会の一員として支援 基本法や医療整備を

明治大学国際日本学部教授 山脇啓造氏

[有料会員限定]

プロの読み

技能実習生や留学生はすでに労働者として国内の様々な職場で働いている。(実習生の失踪など)様々な問題が起きており、正面から労働者として受け入れるのは一歩前進だ。ただ、受け入れには出入国管理政策に加え、日本社会の一員として支援していく社会統合政策も必要だ。いわば車の両輪だが、今は前者に偏りすぎている。

外国人が日本で暮らしていく上で国や地方自治体、市民団体が一体となって共生を進めていくた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン