/

この記事は会員限定です

皇室の存在より身近に 一世一元これからも

社会学者 鈴木洋仁氏

[有料会員限定]

プロの読み

30年にわたった「平成」を改めて振り返ってみるとき、よく分からない時代だったという思いを強くしている。昭和と比べたときの特徴は結局、「とらえどころがない」ということに尽きるのではないだろうか。天皇陛下の退位による時代の終わり方も昭和天皇の闘病を経た前回と違い、重苦しさがない。この点も平成の雰囲気をよく表していると思う。

陛下の退位が決まった2017年以降、インターネットでは次の元号の予想が飛び交い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン