/

この記事は会員限定です

キリン変えたP&G流

破壊こそ再生への道 編集委員 中村直文

[有料会員限定]

12月5日の三越日本橋本店。平日の午前中ながら1階のホールは来場者で埋め尽くされた。お目当てのイベントはアーティストの小松美羽さんによるライブペイント。モチーフとしている「神獣」を絵の具を飛ばしながらキャンバスに描く迫力に人々は見入った。

小松さんには面白いエピソードがある。小松さんを有名にしたのは「四十九日」という銅版画だった。新作を出してもそのイメージが抜けない。「それが私を停滞させている」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン