2019年9月20日(金)

福島第1原発事故 帰還の道のり いまだ遠く

2018/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

激しい揺れに見舞われた東京電力福島第1原発の原子炉は設計通り緊急停止した。その51分後、3月11日午後3時37分。大津波が到達した。

電源盤の浸水などで施設は全電源を喪失。運転中の1~3号機は冷却不能になり、燃料棒が溶け落ちた。原子炉の損傷、水素爆発による建屋破壊などで大量の放射性物質が外部に漏出。約1カ月後、国は原子力事故の国際評価尺度で最悪の「レベル7(深刻な事故)」と認めた。

放射性物質の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。