/

この記事は会員限定です

12月29日 日経平均3万8915円、大納会で史上最高値

[有料会員限定]

1989年12月29日、年末最後の取引となった大納会で、日経平均株価は終値で3万8915円と史上最高値をつけた。背景にあったのは資産価格の高騰だ。日銀が公定歩合を引き下げたことを契機に、土地や株式などに資金が流れ込み価格が上昇。日本はバブル景気を迎えた。日経平均は87年1月に2万円の大台を超え、その後の3年弱でほぼ倍になった。

史上最高値を受けて株式市場は「すぐに4万円」「次は5万円」といった期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン