/

この記事は会員限定です

ペットに再生医療 広がる

富士フイルム、犬の関節炎治療 大日本住友、培養細胞を販売

[有料会員限定]

失った組織や臓器を再生する再生医療を犬や猫などのペットの治療に応用する試みが広がってきた。スタートアップ企業のほか大日本住友製薬富士フイルムなどが参入する。ペット向けの支出額は増えていることに加え法規制がゆるく、人間向けでは難しい領域でも実用化が進む。今後人間にも応用できる可能性はあるが、安全性確保や乱用防止が課題になりそうだ。

ペット向けの再生医療技術を開発する名古屋大学発のスタートアップ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン