/

この記事は会員限定です

日本4法人は改革途上

内向き風土 変えにくく

[有料会員限定]

日本でも全上場企業の7割超を、海外の大手会計事務所と提携するEY新日本やトーマツなど4大法人が担当している。2015年の東芝の不正会計問題などの影響で、決算書をチェックする監査法人への視線は厳しくなっている。

「会計士ムラ」といわれる内向きな組織風土を変えるのは難しい。監査法人と企業のなれ合いを防ぐために監査法人の強制交代制を導入しようとする機運はあるが「企業の選択肢も限られ現実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン