/

この記事は会員限定です

インタープロテイン、新薬化合物探し短く

AI使い5年→2年に

[有料会員限定]

創薬スタートアップのインタープロテイン(大阪市)は、新薬用の化合物の発見にかかる時間を大幅に短縮する技術を開発した。独自設計した人工知能(AI)を使い、5年かかるとされる探索研究の期間を2年に短縮できる。合成した化合物の有効性を事前予測し、新薬への採用確率が高い物質に絞り込めるのが特徴。新薬開発の速度向上につながるとみている。

同社が開発したのは、医薬品として有効な化合物を見つける研究に特化したA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン