/

この記事は会員限定です

AI関連、大企業が出資

業種別分析(1) プリファード、ハードも開発 アベジャ、車部品と連携

[有料会員限定]

人工知能(AI)を手がけるスタートアップの存在感が高まっている。日本経済新聞社が集計した「NEXTユニコーン調査」で推計企業価値が判明した14社の合計額は3207億円に達し、業種別で2位だった。産業界の幅広い分野でAIが使われるようになり、大企業からの出資が相次ぐプリファード・ネットワークス(PFN、東京・千代田)を筆頭に高い評価を受けている。

AIは業種別の合計額ではeコマース・ネットサービス(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン