/

この記事は会員限定です

中国版GPS、全世界で運用開始

米の警戒一段と

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国政府は27日、中国版全地球測位システム(GPS)「北斗」が完成し、同日から全世界を対象に運用を始めたと発表した。宇宙開発は習近平(シー・ジンピン)最高指導部の産業育成政策「中国製造2025」の重点分野。自動運転やネット通信などのハイテク産業の基盤となる独自インフラを整えたことで、中国による技術覇権へのトランプ米政権の警戒が一段と高まりそうだ。(関連記事国際・アジア面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン