/

この記事は会員限定です

トランプ氏、イラク訪問 米軍駐留継続を表明

軍重視を演出

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領が米軍との関係修復に動き出した。26日には事前予告せずにイラクを訪問し、米軍駐留を継続する考えを表明した。シリアの過激派組織「イスラム国」(IS)にはイラクから柔軟に対応すると説明し、ISは壊滅していないと主張する米軍に配慮した。シリア撤退表明で噴出した「米軍軽視」批判をかわす狙いがにじむ。

「撤退の計画は全くない」。トランプ氏は26日、訪問先のイラク中西部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません